スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

まだ持ってる。

カテゴリー: PF/砂月(さつき)・塔架(とうか)・琉渦(るっか)・彗菓(すいか)・雨(あめ)

      まだ持ってる。
          そろそろかれこれ二週間。この人まだクマ担いでます。
          そろそろギネスに挑戦です(違)。

 
 
もうおろしていい?
              「ちょっと重いよー?」


4月になりましたね。相変わらずバタバタ暮らしています。
ドルショにTHIROLさんが出るのでまたお邪魔したく、その前にそらいろさんにもお邪魔したいのですが、がんばれがんばれな状況です。がんばれ自分がんばれ
うん、でも、がんばるんだ!


関係ないけど、こないだまでやってた「最後から二番目の恋」というドラマを、途中からふらふら気にかかって、珍しく割と全部見たのですが、最終回をやっと見て、脚本が岡田惠和だったことに気がつきました。ぜんぜん追っかけたりしてないのだけど、私はときどきこの人が好きみたいです。ちゅらさんも面白かったけど、ランデヴーとか好きだった。なんだかどこか奇妙にヘンでおかしくていろいろ泣いたり騒いだり諦めたりもするんだけどでもそれも人生ってなんだか包容力のあるあったかいところがたぶん好き。
それで「最後から二番目の恋」の最終回で語られた言葉が好きでメモしておきます。

「寂しくない大人なんていない。人生はいつか終わってしまうことに、大人は気づいているから。その終わりは、誰とも分かち合えないから。だから、楽しい時には思いっきり笑いたい。悲しい時にも、思いっきり泣きたい。どちらも大切な時間だから。寂しくない大人なんていない。だからこそ、寂しさを埋めるために恋をするのはやめよう。恋がなくたって、素敵な人生は絶対あるはずだ。月並みな言葉だけど、前を向こう。ちゃんと生きてることが一番大事なんだ。人生って、自分の未来に恋することなのかもしれない。自分の未来に恋していれば、きっと楽しく生きていける。46歳、独身。人生への恋は、まだ終わらない。もし、これから、誰かと恋をするとしたら、それを最後の恋だと思うのはやめよう。次の恋は、最後から2番目の恋だ。その方が…人生はファンキーだ」

実は40才になりまして。というのはもうだいぶ前の話なのですが。
それで最初は40にして惑わずとか言ったやつ誰だよ!(孔子だよ)とか思ってたんですが。いまだ惑いまくりだろ?とか思ったりしたんですが。
意外と惑わないことに気がつきました。
自分の中に確かに積み重ねてきたものがあって、どんなにいろいろありまくっても、そこはぶれない。40歳になる前にと思ってスライディングタックルかける勢いで再就職して、またちょっと特殊な職業なので、ほんとにいろいろ動揺しまくったのですが、それでも、どう転んでも惑えぬものがあるのだなぁと。うん、転ぶけど、起き上がりこぼしみたいに、負けない、しぶとい、いい錘みたいなものが、ちゃんと育っていました。歳を取るのも悪くなかった。この先の人生もきっと転びまくりだけど、でもしぶとく起き上がって、それもできればただでは起きないで(笑)、しなやかにしぶとく、残り半分くらいの人生を、その日々を、仕事も遊びも、うんと大事に楽しんで、生きていきたいと思います。
2012/04/10(火) 23:59 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://siriussilver.blog95.fc2.com/tb.php/546-a0d86ddb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。